負担を出来る限り軽く!家庭教師の依頼を受ける条件3選

自宅から電車でも30分以内のエリアに限定する

濃密な大学の講義やゼミを受けてからたいして時間を置かず、家庭教師のバイトに突入するのは精神的にも結構辛いもの。特に一旦自宅に帰ってから準備し直さなければならない場合、負担はより大きくなるでしょう。そんなケースでも楽に家庭教師に入る為に、往き帰りに長時間を掛けるのは出来れば避けた方が良いでしょう。普通電車を利用しても30分以内で通える範囲内であれば、疲れていても何とかモチベーションは持続しますし、翌日に疲れを残さずに済むものなのです。

自分が楽に教えられる許容範囲の学年に絞る

家庭教師のバイトを長く続ける上で当たり前の条件ともなりますが、やはり背伸びは絶対にせず、自分の楽に教えられる学年の範囲に依頼を絞るべきでしょう。自分が楽に教えられるという事は講義に対して余裕が出来、時としてアドリブを利かせる事も出来るもの。そうなれば教えている自分自身が楽しくなる事で講義に対するモチベーションも上がります。また講義を受ける生徒にとっても大変面白く分かり易い講義となり、評価もまた自然と上がってゆくものなのです。

1週間における講義数の上限をきっちり設ける

いくら高給が得られるからといって、自らの負担の限度を超えた数の講義スケジュールを入れれば疲労やたび重なるストレスにて破綻してしまうリスクも増えるもの。それゆえ無理して依頼を引き受ける事はなるべく止め、自分が1週間に教えられる講義数の限界を早く知り、絶対にその数を超えない様スケジュール調整すべきでしょう。こうした心掛けが回り回って質の高い講義へと繋がり、同時に生徒からの信頼感や好感が増してゆく事にも繋がってゆくのです。

学力を生かして働けるので家庭教師のバイトはやりがいを感じられます。短い時間でしっかりと稼げることも魅力的です。