やらないのが損!?信用取引をやるべき理由とは

「信用取引は恐ろしい」は過剰な恐怖心

信用取引は株式を証券会社から借りて運用する取引方法です。有用で利便性の高い運用方法である一方、借金と同じ構造であるため、現在でも強烈な拒否反応を示す人がいます。そうした人たちは必ず「取り立てが厳しいから」「損失の額がとんでもない金額になるから」などといったことを敬遠する理由に挙げますが、そのような人たちは信用取引を本質的に理解していないと言えます。信用取引で首が回らなくなる可能性は、クレジットカードの利用限度額が超えてしまう可能性よりもずっと低いのです。

信用取引の追証は発生しにくい

信用取引の恐怖感を象徴するのが「追証」でしょう。損失が出てしまい、突然証券会社から「本日○○時までに口座に××円入金してください!」と連絡が入ることを想像すると信用取引しようという気概も大きく削がれてしまいますが、実際に追証が発生する可能性はどのようなものなのでしょうか。結果的に言えば、理論上は発生する可能性がありますが、よほどの期間損失が出た株を塩漬にしない限り追証はなかなか発生しません。リスクもありますが、それ以上に利益を出すチャンスが広がる分、信用取引の恩恵は大きいのです。

値動きが少ない時こそ信用取引でチャンスを増やす

株式相場で最大の敵は何でしょうか?実際に取引を行ったことが無い人は「下落すること」「ストップ安になること」などを挙げると思いますが、実際は違います。株式相場で最も困る状況は『値動きが無いこと』です。株価が全く動かないと、利益も損失も出ることは無く、取引を行う必要が全く無くなってしまうのです。下落は、信用取引ではむしろ利益を出すチャンスだと言えます。また、値動きが少ない際に少しでも取引を行えるチャンスを確保するために、信用取引は行えるようにしておくべきなのです。

信用取引とは、株取引で使われる金融用語です。資金以上の株式投資を行うために、事前に自分を信用させておいた証券会社からお金を借りることです。